ハイブリッド・バトル―プリウスVSインサイト―

ハイブリッド プリウスVSインサイト

Add: ifuwyv84 - Date: 2020-12-17 19:58:04 - Views: 5611 - Clicks: 1672

3km/ℓの燃費も悪くないと思う。なにしろたった40ℓのタンクながら、500km近く走ってまだメーターが半分を指している。その上でまだ300kmくらい走れるのだから。 もしかしたらプリウスならさらに良い燃費データを残してくれるかもしれないが、クルマに要求されるものはやはり走行性能こそが優先されるべき。走ってナンボ! と常々思っている自分にとっては、燃費が少々劣ってたとしても、プリウスとどちらを選ぶかとなれば、間違いなくインサイトを選ぶ。 あとは価格だ。プリウスが3モデルあって、256~306万円なのに対して、インサイトは332万円(LX)と356万円(EX)の上下グレードのみ。同じクラスのモデルとして認識するにはやや差があることは否めない。HEVの機能を考えると価格差があることは充分納得できるものの、この時点でプリウスと同じ土俵に上がれないのは痛い。せめて300万円前半のモデルがあれば、プリウスに大敗することはなかっただろう。また、ホンダ自体もインサイトの実力をあまりにも伝えなさすぎる。ショールームでさえあまり目にしないクルマを買うほど酔狂な人も多くないだろう。 いま一度、ホンダ自体がこのクルマの魅力を再認識して販売戦略を練り直す必要性があるのではないだろうか。今回あらためて試乗し、その性能の高さ確認してみると、プリウスに負けているのは、性能ではなくて戦いの場にすら出て行っていない弱腰の姿勢にあると思う。以前のようにホンダらしく、商品に対する自信を胸張って伝えてほしいもの. ハイブリッド・バトル:プリウス対インサイト走り屋対決をドラマDVD化 全国のローソンで 年07月04日 テレビ 「ハイブリッド・バトル プリウス. フロント、リアバンパーのデザイン変更。前期の全長は4,540mmから後期は4,575mmに変更。デザインを変更したBi-Beam LEDヘッドライト(リターデッドヘッドライト)を採用。 テールランプデザインを変更。17インチアルミホイールは、樹脂加飾部にチタン調の塗装を採用、15インチアルミホイールはツインスポーク形状を採用。ボディカラーにブルーメタリック、エモーショナルレッド2の新色を追加。繊細な凹凸を施した幾何学調フィルムをルーフ、ドアミラーとルーフアンテナもブラックに塗装して2トーンボディ仕上げにする「幾何学調ルーフフィルム」をオプション設定。 インテリは室内灯にLEDを採用。インテリアのカラーをハンドル、シフトレバー、センターコンソールトレイセット周りのホワイト塗装となっているが、ブラック塗装に変更。「A」「Aプレミアム」「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」に置くだけ充電をオプション設定。スペース拡大。シートヒータースイッチの位置を変更しセンターコンソールトレイに配置し使い勝手を向上。「Aプレミアム」「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」のフロントシートにシートベンチレーション機能追加。(シートから冷風を吸い込む夏場など快適性を高める。)専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。 次世代Toyota Safety Sense Pを全車標準搭載し価格改定も行われる。インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を標準装備。 「セーフティ・サポートカーS(ワイド)」(サポカーS〈ワイド〉対象車対象車となる。リヤクロストラフィックアラート(RCTA)後退時の死角を検知し、注意を喚起。を採用。. tsutaya discasなら『ハイブリッド・バトル―プリウスVSインサイト―』が借りられる。また、新規ご登録で「定額レンタル8」プランが申し込みから30日間0円でお試し!. ハイブリッド・バトル -プリウスVSインサイト-の動画を配信している動画配信サービスをご紹介します。aukana(アウカナ)動画配信サービス比較ではHuluやU-NEXT、dTVなど人気のおすすめVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを編集部が厳選してご紹介!. 『ハイブリッド・バトル-プリウスvsインサイト-』5月7日dvdレンタル開始! 日本が誇る2大ハイブリッド・カー が ”最速”の称号を賭け 湾岸を爆走!.

まずはあらためて子細を見ることにした。久しぶりに目にするインサイトはデビュー当初のイメージどおり、シビックより上質で、アコードよりもスポーティ。室内に目を向けるとリヤシートの足元は広いし、インパネ周りの作り込みも最近評判のマツダ車同様に立体感があって個人的には好み。メーターの液晶が大味で暗い印象があることが唯一気に入らないが、厚みのある前席周りの作りはお金がかかっている印象だ。 実際に走り出して見ると低速域ではモーターでスルスルと加速し、EVモデルとなんら変わることがない。EV自体の走りは初期加速以降、伸びがなくて味気ない乗り味と思っていたが、インサイトは力強く伸びもある。 エンジンがかかったり止まったりするトヨタのTHSⅡに比較すると、明らかに次世代のパワーフィールといった印象だし、パワーがモーターに一元化されているだけに、実用域で違和感がない。それどころかエンジン車並みに後半も伸びていくあたりは、EVに対する先入観を払拭してくれる。なによりエンジン音無くしてしっかりと加速してくれることで走りに上質感がある。きっと輸入車のピュアEVのように、大きなモーターだからこそ実現したもので、これにエンジンが組み合わせたインサイトのHEVユニットは、現状1、2を争う出来栄えのはず。 インサイトのHEVシステムを再確認してみると、通常では日産ノートe-POWER同様にシリーズHEVとして機能し、日常レベルではモーター走行する。エンジンは発電用として使う。高速域や急加速を行なうときにはエンジンを始動させて発電モーターを介してパワーサポートしたり、エンジンと直接駆動となる。このあたりはすでに先達のアコードで学習済みだが、インサイトはより一層EVシーンが多い気がする。 プリウスのようにエンジンで加速したりモーターで加速したり、ミックスして走行するなど、状況に応じて稼働するのではなく、あくまでもモーターが主で、エンジンは従の関係。だから、EVとしての走りが実感しやすいわけだ。やはり、モーター自体のパワーもなければなかなか実現しないシステムだから、ここに関してはコスト高であることに違いない。 それでも充電も含めて、走行サポートなどでエンジンがかかるときも多いが、そのタイミングが絶妙。エンジンの存在感はノイズなどから確かに感じられるが、始動したときや、動力が繋がった瞬間の振動が小さく. 年12月に3代目インサイトが4年ぶりに復活デビューした。1999年にハイブリット専用モデルとして誕生した初代インサイトだが、それは、じつにホンダらしく、空気抵抗の低減を追求したクーペスタイルにNSX譲りのアルミボディやサスペンションを採用するなど、機能もフォルムもコンセプトカーがそのまま市場に出てきたような衝撃モデルだった。 2代目は年、プリウスを追うように量販HVモデルを目指して、先代の宇宙船のようなスタイルから5ドアHVフォルムを纏ってデビュー。プリウスTHSの2モーター方式に対してインサイトは1モーター方式を継承したIMAを採用し、徹底した軽量化を加えることによって商品力をアップ。HEVモデルとして初めて月間トップセールスを記録するなど、初代同様話題には事欠くことはなかった。 いまで言う、いわゆるストロングHVのプリウスに対して、当時2代目インサイトはホンダらしいシンプルなHEV構造と軽量5ドアハッチバックボディの組み合わせによって、価格のお手頃感が受けていた。確かに、プリウスvsインサイトの試乗においてもインサイトで充分! と、私も記名原稿を書いた記憶がある。いまほどHEVが市場に浸透していなかった当時は、電池やモーターの機能価値は未知数だったし、重くなるぶんだけまだまだお邪魔な存在として受け止めていた。 あれから10年が経ち、すっかりとその立場は逆転した。HEVが主力となりつつある日本市場ではインサイトのパラレルHEVに対して2モータ-のストロングタイプのスプリットHEVが主流となって、トヨタのHEVは年に累計販売台数1000万台を記録するまで成長した。 反面ホンダを代表するHEV専用モデルの2代目インサイトは年に生産を終了。年にフルモデルチェンジを行なったフィットに7速DCTと1モーターを組み合わせたi-DCDシステムや、日本仕様のみHV専用モデルとして投入されたアコードに2モーターのi-MMD、年には同様にレジェンドに3モーターのスポーツHV・SH-AWDを採用するなどHEVシステム自体は多彩であったものの、トヨタとの差は開くばかり。ホンダらしく独創的で豊富なラインアップでHEV市場を引き継いだものの、コストほど認知度が高まっていないのが実情だろう。 主導権を握れないどころかそのシステムの違いさえ浸. 5ℓユニットがメインで働いていることに不足はない。スポーツモードにするとエンジン音が上昇して、それまでのオーバートップギヤからシフトダウンした印象となり、感覚的にはガソリン車で言えばオーバートップの6速から5速を選んだ時のよう。エンジンと駆動系が1対1の関係になっている時の印象で、アクセルに対する応答がよくなり、エンジンサウンドもややうるさくなってくる。印象としては3000rpmを超してしまっているようなノイズ感で、ガソリン車ならシフトアップしたくなるような領域。それだけにスポーツモードはワインディング以外ではあまりありがたみは感じない。 ハンドリング的にはフロントの接地感が高いことで操作に対する動きは素直。ロールが深くなることも少なく、旋回に見合うぶんだけ沈み込む。モーターや電池の重さを意識させるより、クルマ全体が一体となって重厚さを演出している乗り味で、安定感をキープしながらドライバーの意を汲んだ動きを見せてくれる。ひと. See more ハイブリッド・バトル―プリウスVSインサイト― results. See full list on motor-fan. エコカーだからって、ナメんじゃねぇ!プリウス VS インサイト!日本が誇る2大ハイブリッド・カーが“最速”の称号を賭け、湾岸を爆走!!かつて走り屋だった半沢俊介は、サラリーマンとなった今でも愛車のハチロクで夜の湾岸線を走ることがささやかな幸せだった。しかし、嫁と息子の. More ハイブリッド・バトル―プリウスVSインサイト― videos. See full list on car-repo.

ホンダ インサイトとは. ハイブリッド・バトル -プリウスvsインサイト-のあらすじ. 1997年に 世界初の量産ハイブリッドカー であるプリウスがデビューし、ハイブリッドカーの時代が幕を開けました。 それから2年後の1999年11月に プリウスの対抗馬 としてホンダ初の量産ハイブリッドカーであるインサイトが発売されました。. DVD★ハイブリッド・バトル -プリウスVSインサイト- / 石井正則,山口祥行 商品について ハイブリッド・バトル -プリウスVSインサイト- (レンタル専用) プリウスとインサイトが湾岸線を舞台に戦いを繰り広げるカーアクション。かつて走り屋だった半沢俊介は、家族の要望で愛車のハチロクから. ハイブリッド・バトル -プリウスvsインサイト-()の映画情報。評価レビュー -1件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:石井正則 他。. ハイブリッドバトル プリウスVSインサイト. 」インサイトvsプリウス、ハイブリッド戦争勃発! トヨタ プリウス VS ホンダ インサイトのハイブリッド車戦争は、ゲリラ戦! 全世界的な不況は、自動車メーカーの生き残りをかけてなりふりかまわぬゲリラ戦へ突入しそうである。.

プリウスとインサイトの一番下のグレードで比較しましたが、プリウスの方が装備も良く、価格も16万円ほど高い設定になっています。 一見するとインサイトの方が安くてお得な感じがしますが、実際に装備の差とオプション価格を調べてみると、驚く結果. ホンダ インサイトにはガソリン車が設定されていないため、ハイブリッド車での比較になる。 インサイトの価格は、3,322,000~3,696,000円となっている。 価格だけみると、90万円前後という大きな価格差となった。 「ハイブリッド・バトル プリウスVSインサイト」の解説、あらすじ、評点、予告編動画をチェック!あなたの鑑賞記録も登録できます。 - プリウスとインサイトが湾岸線を舞台に戦いを繰り広げるカーアクション。かつて走り屋だった半沢俊介は、家族の要望で愛車のハチロクからプリウスに. 『ハイブリッド・バトル -プリウスVSインサイト-(Hybrid Battle)』は、ハイブリッドカーを駆る走り屋を題材にした日本の映画作品である。 目次 1 プロローグ. ヤマトdm便発送可・石井正則・山口祥行・和希沙也・田代さやか。【バーゲンセール】【中古】dvd ハイブリッド・バトル プリウスVSインサイト レンタル落ち. ‎小美野昌史監督作品『ハイブリッド・バトル -プリウスvsインサイト-』の予告編を視聴、ユーザや批評家からのレビューをチェックし、¥2,546で購入しよう。. ハイブリッド・バトル プリウスVSインサイト 関連動画動画配信サイトで動画を見る『ハイブリッド・バトル プリウスVSインサイト』が見れるのは、以下の動画配信サイトです。動画配信サイト名視聴料金U-NEXT&x2b55;見放題dTV&. ハイブリッド・バトル -プリウスvsインサイト-が見れる動画配信サイト一覧. エコカーだからって、ナメんじゃねぇ!プリウス vs インサイト 日本が誇る2大ハイブリッド・カーが“最速”の称号を賭け、湾岸を爆走!.

エコカーだからって、ナメんじゃねぇ!プリウス VS インサイト!日本が誇る2大ハイブリッド・カーが"最速"の称号を賭け、湾岸を爆走!!かつて走り屋だった半沢俊介は、サラリーマンとなった今でも愛車のハチロクで夜の湾岸線を走ることがささやかな幸せだった。しかし、嫁と息子の強い. トップシークレット ・ スモーキー永田 が作った プリウス と インサイト 。 その両車に ドリキン 土屋圭市 と 織戸学 が乗り込み、 富士スピードウェイ で ガチンコ勝負 ! それぞれの助手席に 稲田大二郎 と 坂東マサ が乗り込み ヤジ合戦 となる。. HEVシステムも乗り味も、売上ナンバー1のプリウスとはまるで異なるものの、これが販売実績上障害となる理由とは思えない。むしろモーターでの走りの良さはピュアEVに迫るものだし、HEVとしての機能も明らかに進化してエンジンの存在感も邪魔をしていない。エンジンとモーターの組み合わせ的には、今回使った上では充分満足できるレベルにある。 走りに関しても常にボディをフラットに保っていて、4輪の接地感も高いことから操縦性も悪くない。あえて言うなら走行中の静けさがサルーンと考えたら物足りないが、それは後に控えるアコードに託せばいい。走りの良さとHEVの可能性ならいまのインサイトはやっぱりベストなパッケージングに思えてならない。今回400km以上を走行。その8割がたが高速をやや速めのペースでの走行だったが21. 5ℓとコンパクトであることも大きいが、マウント類や遮音材などを含めて、EV走行を充分に楽しめるような対策がしっかりと施されているといえる。 ポテンザの欧州向けブランドとも言えるTURANZAを装着していることでもわかるとおり、多くのHEVモデルが低転がりタイヤを選んでいるのとは異なり、走りを決して犠牲にしていないのがインサイトの持ち味。その半面、快適性で言えば路面との当たりがやや重めのぶんだけノイズは発生しやすく、室内にも届いてくる。モーターで走っているにもかかわらず、外からのノイズや風切り音が気になってしまう。 今回は、高速を日光から常磐方面への空いている環境で走っていたこともあるが、パワートレーンからのノイズの進入対策同様、もう一歩改善を望みたいところ。それでも100km/h近くまでモーターで走れる気持ちよさは格別。ゆっくりとした追い越しレベルなら、エンジンに頼ることもないし、トルク感も充分。なめらかさと力強さを実現するモーターのパワフルさをしっかりと楽しむことができた。 ワインディングや高速でペースアップしていくとエンジンの直接駆動モードになるが、モーターのスムーズなサポートも感じられて、1. mov - YouTube 49 コメント 登録日時::33 | YouTube | キャッシュ ハイブリッドバトル プリウスVSインサイト Trailer. 2km/Lだ。 インサイトはベーシックなLXが34. 初代「インサイト」 ホンダ「インサイト」は、1999年から販売されているハイブリッド専用車で、初代「インサイト」は年まで生産、販売されていました。.

先代の小型4ドアハッチバック車から今回の新型インサイトは中型セダンへと生まれ変わった。新型シビック以上新型アコード未満のハイブリッドミドルセダンとなった。 エクステリアデザインは大幅に変更、車格をアップさせたことで高級感のある仕上がりとなった。インテリアも最近のホンダデザインを採用しながら高級感のある仕上がりとなっている。 新型インサイトは1. 「ハイブリッド・バトル―プリウスvsインサイト―」年日本79分 監督:小美野昌史 出演:石井正則真由子團悠哉和希沙世田代さやか山口祥行 あらすじかつて走り屋だった半沢俊介は、サラリーマンとなった今でも愛車のハチロクで夜の湾岸線を走ることがささやかな幸せだった。. トヨタ プリウス vs ホンダ インサイト│燃費性能比較 プリウスのJC08モード燃費は、売れ筋のSやAが37. ハイブリッドバトル プリウスVSインサイト Trailer. 『 ハイブリッド・バトル -プリウスVSインサイト- (Hybrid Battle)』は、 ハイブリッドカー を駆る 走り屋 を題材にした日本の映画作品である。. 5L 直4 DOHC i-VTEC +高出力モーター(SPORT HYBRID i-MMD)を搭載。更に新型プラットフォームを採用し軽量化を図り燃費を向上させる。更にi-MMDを更に進化させる(重希土類フリーモーター磁石の採用、PCU(パワーコントロールユニット)の小型化と1.

/10/08時点で、「ハイブリッド・バトル -プリウスvsインサイト-」の配信状況は以下のようになっています。. ハイブリッド・バトル -プリウスvsインサイト時間18分プリウス VS インサイト 日本が誇る2大ハイブリッド・カーが“最速”の称号を賭け、湾岸を爆走!. 「DVD「ハイブリッド・バトル」-プリウスvsインサイト-」をつあのブログ記事です。自動車情報は日本最大級の自動車sns. 2km/Lとなる。走行モードを3種類を設定。モーターだけで走行する「EVドライブモード」エンジンで発電した電気でモーターを駆動させる「ハイブリッドドライブモード」、直結クラッチを使ってエンジンの力で走る「エンジンドライブモード」を採用。 新型シビックと同様に新設計のグローバルプラットフォーム「Honda compact global platform」を使い良い乗り心地をアップさせた。Advance Compatibility Engineering(ACE)本体構造。高剛性、軽量かつ低重心・低慣性なボディーにより、優れた空力特性を実現。高速域での安定性に寄与し、静粛性を高めている。日本仕様は専用グリルを採用する。 先進運転支援システム Honda SENSING(ホンダ センシング)全車標準搭載。. 【レンタル落ち中古品】【3500円以上で送料無料】。ハイブリッド・バトル プリウスvsインサイト /石井正則【中古】【邦画.

ハイブリッド・バトル―プリウスVSインサイト―

email: kuzicub@gmail.com - phone:(172) 531-5476 x 1509

ベビー・シッターズ・クラブ - 私とオナニーしませんか シースルーランジェリー

-> ハイブリッド・バトル―プリウスVSインサイト―
-> FIM Indoor Trial World Championship 2009

ハイブリッド・バトル―プリウスVSインサイト― - ABUTTON 小島藤子


Sitemap 1

POSITRON - Stash